酢の中でアミノ酸が豊富なのは黒酢|黒酢と一般的な酢の違い

酢と言っても様々な種類があるわけです。

 

ちなみに、一般的な酢とされているのが「米酢」です。
そして現在、大きな話題となっているのが「黒酢」です。

 

こちらでは米酢と黒酢の違いについて詳しく解説します。

 

なぜ黒酢が騒がれているのかを知りたい方は必見ですよ。

 

 

■米酢と黒酢の原材料の違いについて

 

・米酢・・・お米を使う
・黒酢・・・玄米を使う

 

米酢に関しては、日本酒と同じようにお米から製造されているのです。

 

一方で、黒酢に関しては、精米されていない玄米が使用されています。

 

そもそも、お米は精米されることで、栄養の大部分を排除してしまっています。

 

実はお米の殻の部分に様々な栄養素が含まれているんですよ。

 

たとえば、ビタミンB群などが多く含まれているのです。

 

お米は、せっかくの健康的な成分をそぎ落としてしまっているわけです。

 

だからこそ、当然ですが黒酢のほうが米酢よりも栄養素が多く含まれているのです。

 

コレはお酢の大きな違いにもなるので、しっかりと覚えておくべきです。

 

米酢と黒酢のどちらを利用しようかな、と悩んだ時に思い出してくださいね。

 

 

■黒酢に特に多く含まれている成分って何?

 

・アミノ酸が多く含まれている!

 

黒酢には独特の製法があります。

 

自然発酵をさせるのですが、その期間が1年間から3年間と非常に長いのです。

 

それだけの間熟成を進めていくことになるので、いろいろな成分量に変化が現れてきます。

 

発酵の効果に関して分かりやすく説明すると、牛乳からチーズが作られるわけですよね。

 

どちらのほうが栄養素は高まると思いますか。

 

どう考えてもチーズですよね。

 

発酵させることで、栄養素が高まるわけですが、黒酢もまさに同じような状態になります。

 

玄米を発酵させることで、いままで以上に栄養素が高まった状態になるのです。

 

主に増える成分としては、

 

・クエン酸
・アミノ酸
・ペプチド
・有機酸

 

といったものになります。

 

特に注目して欲しいのがアミノ酸です。

 

アミノ酸には、必須アミノ酸と非必須アミノ酸があります。

 

必須アミノ酸は、体内で合成できないので、食べ物や飲み物で摂取しなければなりません。

 

非必須アミノ酸は、自分の体内で作り出すことが出来ます。

 

ですから、アミノ酸で重要なのは必須アミノ酸、といった事になります。

 

黒酢ですが、その必須アミノ酸の全9種類のうち8種類も含有しているのです。

 

一気に、必須アミノ酸を補えるスーパーなお酢なんですよ。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓