黒酢豆知識|黒酢の原料って何なのかを徹底的に調べてみた

黒酢は健康によいとされています。

 

しかし、実際に何から作られているのかはよく分かっていませんよね。

 

酢の作成に使われる「お米」が使われているくらいは分かるのですが、実際にその他には何を使っているのでしょうか。

 

黒酢の利用を考えているけど原料が分からず不安に思っている方には、是非とも注目欲しいテーマになります。

 

 

■黒酢の作成に使われている原料とは?

 

・米
・米麹
・水

 

実は、そんなに特殊なものが使われているわけではありません。

 

ただ中国産の場合は、コーリャンや大麦を使っているケースも有ります。

 

ちなみに、コーリャンや大麦を使っているものについては「香酢」と呼んで区別しています。

 

・原料の米について

 

黒酢の原材料を見て拍子抜けしたと思いますが、実は一般の酢の作成と違うのがお米の状態です。

 

実は、「玄米」の状態で作られているのです。

 

精米されているのではなく、単に籾殻(もみがら)だけを摂った状態のお米が玄米です。

 

この状態で食べるとパリパリとした食感が得られます、簡単に言ってしまえばお米の殻がまだ付いている状態です。

 

玄米には、非常に多くの栄養素が含まれています。

 

有名なのがビタミンBです。

 

一般的なお米よりも栄養価が高いものから黒酢が作り出されるので、あれだけの健康効果があるとされています

 

 

■黒酢はどうやって作られるのか?

 

・昔ながらの製法

 

特性のツボに原材料を入れて放置します。

 

1年間から2年間程度はその状態にして、じっくりと糖化させたり、アルコール発酵させたり、酢酸発酵させたりが実施されるのです。

 

時間が非常にかかるので、非常に貴重なものとされていました。

 

・近年の作成方法について

 

まだ昔ながらの製法で作っている黒酢もありますが、最近では新しい方法も採用され始めています。

 

「速醸法」や「連続法」と言われる製法が確立されており、なんと24時間から48時間で作れるようになったんです。

 

この工法だと、成分量が少なかったりするのではないか、といった不安を持っている方も多いと思います。

 

しかし、短時間の製法であったとしても調べてみると、アミノ酸の含有量には大きな違いがありませんでした。

 

好みの問題もあると思うので、どちらの製法で作られた黒酢を利用するかは自己判断で決めるのが良いと思います。

 

昔ながらのほうが安心といった考え方もあると思いますし、成分量が同じなら安く提供してくれる新しい製法のものが良い、といった考え方もありです。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓