黒酢はがんの予防対策にもなるって本当なのか?

がんといえば、命にも関わってくる病気です。

 

>>おすすめ黒酢サプリランキング

 

現代では医療がかなり発展していますが、やはり癌で亡くなってしまう方は少なくありません。

 

こちらでは、黒酢にがん予防の効果が実際にあるのか、といったことについて詳しく解説します。

 

もしもあるのであれば、将来の健康を守るためにも積極的な摂取がお勧めですよ。

 

 

■黒酢にはがん予防の効果がある!

 

・どんながんに予防効果があるとされているのか?

 

大腸がんの予防効果があると話題になっています。

 

そもそも、黒酢には整腸作用があります。

 

腸内環境を整える機能が実際にあるのです。

 

腸の状態が整うことで、大腸がんのリスクが大きく低減するのはよく理解できることです。

 

便秘などになりやすい方は、腸内に大きな負担をかけ続けてしまうことになります。

 

黒酢を摂取して便秘を解消できれば、腸内の負担が少なくなりがんが発生が抑制されるわけです。

 

・研究結果としても出ている

 

タマノイ酢株式会社と京都大学が合同で黒酢に関する大腸がん予防効果に関する研究がされたのです。

 

しかも、研究結果はしっかりと学会でも報告されました。

 

しかも、その学会では驚きのことが報告されました。

 

実は研究では大腸がん以外にも効果が認められたのです。

 

大腸がん細胞
乳がん細胞
肺がん細胞
膀胱がん細胞
前立腺がん細胞

 

以上の5つのタイプのがんに対して、黒酢のエキスを一定量加えて培養しました。

 

そうしたら、がん細胞の発生率は10%以下に抑制されたのです。

 

この実験では、もちろん人間のがん細胞を利用しています。

 

・動物実験結果にも注目

 

ラットを使った、がんに関する研究も行われています。

 

ラットに黒酢を飲ませていたところ、がんの発生率が33%にまで抑えられた、といった結果も報告されました。

 

・なぜ黒酢にはガン抑制の効果があるのか?

 

まだまだ研究の途中ではあるのですが、がん細胞を取り除く物質であるアポトーシスが関連しているのではないか、といったことを述べている専門家が多いです。

 

アポトーシスが黒酢によって増殖し、がん細胞を駆逐していると考えられるのです。

 

 

■食事に積極的に加えるべき黒酢

 

・食事ががんを招く

 

食の欧米化によって日本人のがん発生率は高まっていると言われています。

 

だからこそ食事を見直すべきなのです。

 

黒酢を定期的に食事に加える事で、がん化を防ぎましょう。

 

食の欧米化を止めることは難しいです。

 

であるなら、がんを抑制する成分を摂取すべきなのです。

 

黒酢は、食事にも加えやすく対策食材として大いに活躍してくれるでしょう。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓