高血圧対策もできる!黒酢の血圧を下げる効果とは

ダイエット効果ばかりがクローズアップされる黒酢ですが、何も美容効果だけではありません。

 

健康効果もかなり期待できます。

 

こちらでは、黒酢と血圧の関係性についてお話しします。

 

特に高血圧で悩んでいる方には必見の内容です。

 

・高血圧について

 

高血圧とは、血圧が正常値を超えてしまっていることを指しています。

 

拡張期血圧が90以上、収縮期血圧が140以上が該当します。

 

高血圧は命にかかわる症状が現れることもあるので注意して対応しなければなりません。

 

脳疾患が起きてしまったり、虚血性心疾患や腎不全になってしまうことまであるのです。

 

 

■黒酢に含まれる酢酸に注目!

 

・酢酸がアデノシンに変質すると血管の流れがよくなる!

 

黒酢は酢なので、酢酸が含まれています。

 

しかも、一般の酢よりも豊富に含まれています。

 

その酢酸を摂取して体内に入り込むと、“アデノシン”という物質が生成されるのです。

 

そのアデノシンが血管に対して非常に良い効果をもたらしてくれます。

 

アデノシンは血管を広げてくれます。

 

高血圧は血管が収縮した状態なのですが、その状態を解除してくれる作用があるのです。

 

血液の流れをスムーズにしくれ、結果的に高血圧の状態を抑えてくれるのです。

 

※研究もされており、1日あたり15ミリリットルの酢の摂取で血圧の低下作用が確認されました。
効果については1か月程度で出たので、継続的に摂取がやはりおすすめのようです。

 

 

■血圧に対する効果が出た後に黒酢を辞めるとどうなってしまうのか?

 

・残念ながら元に戻ってしまう

 

この研究についても実際に行われました。

 

前述したように1か月程度で効果が出た後も飲み続け、2カ月続けた時点で利用をストップしてみたところ、約1か月程度で元の血圧に戻ってしまいました。

 

黒酢から血圧改善効果を得続けたいと思うのであれば、定期的な摂取が必要になります。

 

 

■最新研究結果!“オリゴペプチド”について

 

黒酢の研究も進んでおり、黒酢に入っている“オリゴペプチド”と呼ばれる成分に効果があることが分かってきました。

 

・血圧調整作用あり

 

高血圧時に発生する酵素があります。

 

“アンジオテンシン変換酵素”と呼ばれる成分ですが、実はこの活性化を抑える働きがそのオリゴペプチドにはあるのではないか、と分かってきているのです。

 

すでに高血圧の薬などを飲んでいる方が黒酢を飲んでも効果があったとの報告もあるので、食事療法の一環として黒酢を利用してみるのもおすすめです。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓