痛風になりたくない!黒酢は尿酸値を下げるって本当?

特に40代前後の男性の場合には、痛風に悩まされてしまうケースが多いです。

 

痛風は尿酸値といったのが関わっており、一定以上の数値になると痛風を引き起こしてしまうのです。

 

猛烈な痛みを発症してしまい、日常生活にも支障をきたしてしまいます。

 

その痛風にならないためには黒酢がおすすめと言われています。

 

問題の尿酸値を引き下げてくれるそうなのです。

 

実際に黒酢には痛風予防の効果があるのでしょうか。詳しく解説します。

 

特に、健康診断で病院から尿酸値が高いと指摘された方は注意してくださいね。

 

 

■黒酢に含まれるクエン酸が尿酸値を引き下げてくれる機能を持っている!

 

クエン酸とは、酸っぱいものに含まれている成分です。

 

黒酢といえば、酸っぱい味わいが印象にもあると思います。

 

ですから、黒酢にもしっかりとクエン酸が含まれています。

 

ちなみにクエン酸の代表的な機能は「疲労回復」です。

 

疲労物質として有名なのが乳酸ですが、その乳酸を分解してくれる作用があるのです。

 

では、クエン酸と尿酸値の関係性についてお話します。

 

・尿酸は酸性であり、クエン酸はアルカリ性

 

クエン酸は酸っぱいものなので、酸性じゃないのか、と思うかもしれません。

 

しかし、実際には全く違うのです。

 

梅干しを食べると胃酸が落ち着く、といった話を聞いたことはありませんか。

 

梅干しも酸っぱいのでクエン酸を含んでいます。

 

クエン酸がアルカリ性だからこそ、胃酸を中和して胃酸過多のような状態を抑えてくれるのです。

 

これが血中でも行われることになります。

 

黒酢を飲んでクエン酸を摂取すると、血中に入り込みます。

 

その血中には尿酸があるわけです。

 

尿酸は酸性であり、クエン酸が多くなれば中和されて酸性の度合いを引き下げます。

 

その結果、尿酸値が下がって痛風予防につながる、といった仕組みを持っているのです。

 

 

■痛風予防になぜ黒酢がお勧めなのか|酸っぱいものを食べればいいんじゃないの?

 

・痛風は肥満を同時に発症しているケースが多い

 

食べ過ぎてしまうと、痛風になってしまいます。

 

中年男性に痛風が多いのが、彼らは食べ過ぎてしまっているからです。

 

特にプリン体の多いビールの飲み過ぎは痛風になりやすいので、注意しなければなりません。

 

黒酢の効果としては、新陳代謝を高めるといったダイエット効果もあるのです。

 

痛風の予防といったものだけではなく、新陳代謝を高めて肥満自体を解消することも狙えないわけではありません。

 

尿酸値を抑えつつ、同時に痩身も黒酢で狙ってみませんか。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓