黒酢には血液サラサラ効果まで期待できるって本当?

万能な機能を持っていると思われがちなのが黒酢です。

 

特に血液に関する効果が期待押されているのですが、こちらでは黒酢に血液をサラサラにする機能があるのかを中心にお話します。

 

特に高血圧でお悩みの方は必見です。

 

 

■動脈硬化のリスクとなるのがドロドロの血液

 

テレビの健康番組で、ドロドロになった血液を観たことがある方も多いと思います。

 

実は、そのドロドロとした血液は、動脈硬化のリスクを高めてしまうことがわかっているのです。

 

血管内壁についてしまい、生命を脅かす可能性だってあります。

 

・なぜ血液はドロドロになるのか?

 

高脂肪や高カロリーの食事が多い方は、血中に問題が発生します。

 

血中の中性脂肪やコレステロール値がアップしてしまうのです。

 

その結果、サラサラであった血液がドロドロしてしまいます。

 

ドロドロになると血栓が発生し、心疾患だけでなく脳血管の疾患まで引き起こされることがあるので、充分に気をつけなければなりません。

 

倒れてしまう方も少なくないのです。

 

 

■黒酢には血液をサラサラにする機能があるのか?

 

・黒酢は血液をサラサラにしてくれる!

 

黒酢に含まれているアミノ酸が素晴らしい作用を持っているのです。

 

アミノ酸の素晴らしい機能としては、

 

血小板と白血球の凝固を防ぐ
血小板と白血球の粘着を防ぐ

 

といったものが実際にあるのです。

 

そもそも血液がドロドロになってしまう元を遮断してしまうわけですから、予防効果がある、と判断できるわけです。

 

黒酢だけでもある程度の硬化は期待できますが、他の食材と組み合わせて、さらに効果を高める方法もあります。

 

その食材の1つに「梅」があります。

 

黒酢と梅を一緒に入れて、ドリンクを作成して健康のために飲んでいる方もいるほどなんですよ。

 

血中の中性脂肪やコレステロール値が高いと自己認識している場合には、積極的に黒酢や梅を有効活用しましょう。

 

梅であればそのまま食べることも可能です。

 

黒酢であれば、食事に加える事も可能です。

 

生活の中でも積極的に摂って、健康を実現してみませんか。

 

 

■単なるお酢では血液はサラサラにならないのか?

 

・サラサラにはなるが・・・

 

お酢でも基本的に入っている成分は一緒なので、血液に対しては良い働きをしてくれます。

 

しかし、お酢と黒酢では大きく異なることもあります。

 

それは成分量です。

 

発酵している黒酢はアミノ酸の量が格段に高まっており、お酢とは全く違います。

 

より高い効果を求めるなら、黒酢が圧倒的におすすめなのです。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓