黒酢には血液をサラサラにする効果がある?

 

黒酢には、血液をサラサラにする効果があります。

 

薬じゃないから、大した効果がないんでしょ?

 

と思うかもしれませんが黒酢の血液サラサラ効果は、

 

きちんとした研究によりその効果が実証されています

 

ではどうして黒酢が血液をサラサラにするのか、を詳しく説明します。

 

 

 

と、その前に血液がドロドロという状態がどのような状態なのかを簡単に説明しますね。

 

血液がドロドロの状態とは、人によって異なりますが多くの人が血中コレステロールが高く、

 

中性脂肪の数値が正常の範囲を超えている時、血液がドロドロであると言います

 

血糖値が高いと、赤血球の表面に糖が膜を張り、赤血球が形を変えることを阻害します。

 

コレステロールや中性脂肪の値が高いと血管内の成分が癒着してしまい、

 

血液の流れが悪くなります。

 

そうなると、体の末端の毛細血管には血液がいきわたらないために酸素が届かず、

 

細胞が死亡してしまうのです。

 

さらに、心臓や脳の太い血管にはコレステロールが付着し、血管が細くなり詰まりやすくなります。

 

これが心筋梗塞や脳梗塞の原因となるのです。

 

ドロドロ血液はこんなに多くの弊害があるのです。

 

ドロドロ血液を放置しておくと生命の危険を伴う大病を患う可能性がでてきます。

 

 

 

では黒酢はどうやってこのドロドロ血液を改善するのでしょうか。

 

黒酢には多くのアミノ酸やミネラルが含まれています。

 

その>アミノ酸の中のアルギニンとうい成分が血管を拡張させる働きをするのです。

 

血管が拡張されることで、血液の循環が活発化されます。

 

ひとまず、狭くなった血管を広げて血の通りを良くするのです。

 

さらに、アリシンとアホエンという成分には中性脂肪やコレステロールの吸収を抑えるうえで、

 

胆汁に排出させる働きがあります。

 

さらに、白血球がくっついたり、血小板が固まることを阻害する働きもあります。

 

黒酢は、硬くなった血管を広げた上で、血液自体も浄化し、ドロドロ血液をサラサラにして

 

ぐんぐんと体内に通す優秀な働きがあると言う訳です。

 

また不要なコレステロールなどを体外に排出しますので、

 

血液サラサラ効果プラス、ダイエット効果も期待できるのです。

 

人間ドッグや健康診断の血液検査で中性脂肪やコレステロールの値が正常範囲を超えていた、

 

という人は取り返しのつかないことになる前に、黒酢を飲んでサラサラ血液にしましょう。

 

 

 

薬ではないので副作用もありませんし、体への負担もありません

 

黒酢には血液サラサラ効果以外にも優れた健康効果がありますので、

 

ドロドロ血液じゃないよ、という人も予防的に黒酢を飲んでおくといいでしょう。



今人気の注目プエラリア口コミレビュー↓↓